インプラントと矯正

インプラントで違和感軽減

インプラントで矯正の期間を短縮

インプラント治療という言葉が一般的に広まり、よく耳にするようになりましたが、そのメリットまでよく知る方は少ないのではないでしょうか。インプラント治療では、従来の方法では抜歯をしなければいけない矯正治療を、抜歯せずにできたりするため、治療期間を短くなる可能性があります。また、治療の対象となる歯だけに矯正器具をつけるため、治療中の違和感を減らすことができます。周辺の歯など、対象の歯以外に影響を与えることも少ないため、安心して治療を受けることができるでしょう。治療法のメリットをよく知り、自分に合った方法を選べるようにしましょう。

インプラントの治療期間について

治療期間は、歯の状態、あるなしによって異なります。まず第1に精密検査をして歯の状態を調べます。虫歯などで抜歯した場合、骨が形成されるまで6か月かかります。歯がない場合でも、インプラントを埋め込む骨の厚みがあるかどうかを判断します。第2に一次手術でインプラントを埋め込みます。その後骨と結合するための定着期間は3か月から6か月です。第3に定着後に第2次手術として、頭出しをして上部構造を固定するため手術を行います。第4に歯茎が治った時点で、歯の型取りをして、歯並びを確認して人工歯をつくります。その後、1週間から6週間後に人工歯をかぶせて完了となります。歯がない場合は3か月から10か月程度、歯があり抜歯した場合はさらに6か月程度かかります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント手術の期間 All rights reserved