インプラントとは

インプラントの麻酔とは

インプラントについての説明

インプラントとは、歯肉に関する病気や虫歯、もしくはケガなどのアクシデント等によって、もともとあった歯を失ってしまった場合に、その歯を補う治療方法のひとつのことです。歯の根っこを外科手術によって人口の歯根を埋め込み、その歯根を土台として、上に人口の歯を取り付ける術法を取ります。人工歯根として、生体親和性のあるチタン製のネジを歯槽骨内に埋め込みます。抜歯を経験している患者さんであれば一般的にこの施術の痛みに耐えうる程度です。

インプラントの安定感について

失った歯のかわりに、入れ歯や差し歯といった従来の治療を行った場合より、インプラント治療によって人工の歯を入れたほうが、安定感があり、長期的に使用することができます。それは、丈夫な人工歯根をあごの骨に埋め込んで、土台にしているため、本物の歯に近い感触や歯並びが得られ、周りの歯に影響が少ないという理由からです。その安定感を、とくに実感することができるのは、食べ物を今までと同じように噛めるときで、食事を変わらず楽しめるのが最大のメリットといえます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; インプラント手術の期間 All rights reserved