インプラントは痛いか

インプラント手術の期間

インプラントの治療期間と痛み

インプラントは他の治療方法よりも期間は長いですが、それはより安全に治療を行うための事前検査が必要となるためです。治療の流れとしては口腔内のレントゲン撮影を行い歯の状況を確認し、検査を行いながら治療計画を作成します。そしてインプラントの器具を埋め込む手術を行うことになりますが、手術は局部麻酔で行い痛みもなく1日で終了し、入院する必要もなく、体への負担もありません。ここで器具が骨にしっかりと固定されるまで3ヶ月から6ヶ月程度の期間が必要となります。その間で人工の歯を作成しかみ合わせなどを確認したうえで取り付けを行い、メンテナンスをして完了となります。

インプラントにかかる期間

インプラントは、歯のない人が噛めるようになる夢のような治療だと言われています。確かに、入れ歯と違い、自分の歯のように噛めるメリットがあるのですが、治療には期間が必要です。初診で来院しても、まずはレントゲンやCTなどで骨の状態をチェックします。その後、インプラントをどうやって治療するのかの計画を立てて、チタンを埋め込む手術を行います。骨が結合するのを待ってから、上に人工歯を装着するので、初診から治療が終わるまでには10カ月ほどかかることがあります。骨の状態によって、期間は変わってきますので、よく相談してから治療を始めましょう。

↑PAGE TOP

Copyright © インプラント手術の期間 All rights reserved